ネイルサロンで働く

ネイルスクールに通い、無事に資格を取得できたら、いよいよプロのネイリストになるための活動へと進んでいきます。

そのための選択の一つが、ネイルサロンでの勤務です。

これはネイルスクール卒業後の動きとしては定番中の定番です。

多くの卒業生がこの道を辿り、ネイルサロンへと就職していきます。

ネイルスクールの中にはサロンと提携していたり、あるいはサロン自体がスクールを経営していることもあるのですが、そうしたスクールを選択すれば就職のハードルはかなり下げることができるでしょう。

就職先の紹介や斡旋をスクール側が積極的に行い、生徒が勤務するサロンが見つかるまでサポートを行ってくれるからです。

スクールによっては、一度目の就職だけではなく、転職先のサロンの紹介や転職活動のサポートをしてくれるところもあります。

一度キャリアから離れた人の再就職に関しても同様の体制を整えてくれているネイルスクールも少なくないため、そのようなところを選択すれば、卒業後の心配もせずに学ぶことができます。

技術を身につけ開業やフリーで働く

次は、数としてはあまり多くはありませんが、独立開業やフリーランスとして働くパターンについて見ていきましょう。

独立開業して自分のサロンを持つ

ネイルサロンは、特別な資格がなくても開業することが可能です。

極端な話をすれば、ネイルスクールに行かなくてもネイルサロンを開業しサービスを提供することはできます。

しかし、それはあまりにもリスクが高い行為です。

何の資格も持たずに営業を行っても、お客様は足を運んではくれません。

そもそも、お客様が満足するだけのサービスが提供できる可能性は低いはず。

やはり、ネイルスクールで一定の資格を取得しておくことは必須です。

また、当然ではありますが、ネイルサロンを経営するには資金が必要となります。

店舗、設備、道具などを揃えなければならず、この開業・運営資金の確保や工面は、独立し自分のサロンを持つための大きなハードルとなるでしょう。

そのため、ネイルスクール卒業直後の在り方としては、あまり現実的とは言えません。

もちろん、スクール卒業後、一定期間サロンで技術を身につけた後に開業するというルートであれば十分に考えられます。

フリーランスとして活動を始める

自らのお店を持たず、どのサロンにも属さずに働くのがフリーランスという働き方です。

ネイリストの場合には、例えばブライダル関係企業や写真または映像の撮影を行う会社などと提携し、必要な時にだけネイルを施し報酬を受け取るという形が考えられます。

売れっ子になると芸能人やセレブを顧客に持つこともあるでしょう。

自分の店舗を持たないので、出張して施術を行うケースが大半です。

このフリーランスも、ネイルスクール卒業後の進路としては十分に考えられますが、店舗が存在しない分、顧客を獲得するのは簡単ではありません。

やはりスクール卒業後はサロンへと就職してさらに技術を習得し、その後フリーになるという形が最も自然になるでしょう。