サロンに就職するために必要な資格とは

ネイルスクールへ通う1番のメリットであり目的は、ネイリストに必要な資格を取得できる点にあります。

ネイルサロンに就職する為には、それぞれの店舗が定めている応募資格をクリアしていなければいけません。

この資格がなければ応募する事すらできず、サロンでの勤務が非常に難しくなります。

ネイリストになるために資格は必須ではありませんが、現在ほとんどのサロンが応募者に求めているのは「ネイリスト技能検定2級」以上。

公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターが実施しているネイリスト検定は、1級・2級・3級とあり、就職を有利にするには、この検定の2級以上にパスしている必要があると言われています。

サロンの中には、1級以上を応募資格としているところも少なくありません。

また、2級以上の資格を所有しているとお客様からの信頼感も得られます。

本格的に資格取得を目指すには、検定対策に力を入れているネイルスクールで技術を学び、試験に臨むことをおすすめします。


引用:http://www.nail-kentei.or.jp/

ジェルネイル検定も持っていると安心

ネイルアートの基本であり人気も高いジェルネイル。

ネイルサロンと称する店舗では必ずと言っていいほどジェルネイルサービスを提供しており、サロンで働きたいと考えているのであれば、これに関する知識やスキルも欠かすことができません。

ネイリスト検定とは別に、NPO法人日本ネイリスト協会が実施する「ジェルネイル技能検定試験」と呼ばれる資格があり、これを有しておけばサロンへの就職が有利になることもあります。

ジェルネイル検定は、初級・中級・上級の3段階で構成されており、こちらもスクールに通うことで資格取得を目指す事が可能です。

引用:http://snnp.net/blog/how-to-gel-kentei-shokyu-hikki/

サロンに1人必要なネイルサロン衛生管理士

ネイルサロンの中には、日本ネイリスト協会(JNA)の認定を受けた店舗が数多く存在しています。

近年では一般利用者も、このJNAの認定サロンか否かで選別することも多くなってきており、一つの安全基準を満たしているかどうかの判断材料になると言ってもいいのかもしれません。

そんなJNA認定サロンには、「ネイルサロン衛生管理士」を必ず1名設置しなければならないというルールがあります。

これが安全安心へと繋がっているわけですが、ネイリストを目指す人にとっては、この資格も取得価値のあるものとなるでしょう。

この資格は、まずJNA認定のスクールで授業を受け、テストに合格しなければ取得することができません。

より就職を有利に進める為に、あるいは将来的には独立も視野に入れているのであれば、スクールに通った上でネイルサロン衛生管理士の取得を目指すことが求められます。


引用:http://www.nail.ne.jp/lesson/special/health.html