しっかり稼ぐには努力が必要

以前までは、ネイルに気を遣うのは一部の経済的に豊かな人たちだけでした。

しかし、現在は違います。

若い女性はもちろん年配の女性、そして男性までをも巻き込み、ネイルアート業界は大きな成長を続けています。

それと同時に増えているのが、ネイリストの人数です。

ネイル市場が成長を続ければ、当然ネイリストの数も増えてくるのですが、ネイリストの人数が増えると、お客様を奪い合う競争が生まれます。

その競争に勝つことができなければ稼ぎを安定させることはできません。

ネイリストの資格を取得したからといって、安定した将来が待っているという甘い考えは持たない方がいいでしょう。

確かにネイルスクールは資格取得だけではなく就職先紹介などのサポートも行ってはくれますが、仕事を始めた後の技術の向上や顧客を獲得するためのアイデアの創出のお世話まではしてくれません。

ネイルスクールでの受講はもちろん、その後にも努力を重ねなければ、安定した収入を得ることは難しいと思っておきましょう。

実際に、多くのネイルサロンでは固定客を獲得することでインセンティブを支払う制度を採用しています。

つまり、努力を怠りお得意様を獲得できなければ、収入を上げることはできないのです。

「ネイルスクールに通えば安泰」と思うのではなく、努力によってスクールで獲得した知識や技術、資格が活かせるようになるのだという認識が重要となってきます。

プライベートでもネイルの練習

多くのネイリスト、特に売れているネイリストは、プライベートでも必ず練習を重ねています。

ここが一般の企業に勤めているOLとは異なる意識。もちろん、そうしなければ上でも述べたように多くの収入を得ることができないからです。

卒業生にもスペース等を提供し、練習する場を与えてくれるネイルスクールもあります。

  • 講師にアドバイスを仰ぎたい
  • 自宅では練習するスペースがない
  • 仲間と切磋琢磨しながら技術を磨きたい

そのような思いを持つネイリストは卒業後もスクールへと通い、自分の腕を磨いているのです。

より実践的な練習をするため、プライベートで交流のある友人や知人、家族などに対して施術を試みるネイリストも少なくありません。

爪の状態や形は人によって異なるので、プライベートでこうした練習を重ねる意識も必要になってくるでしょう。

特に、爪を綺麗に整えるケア施術は、本物の爪で練習しなければ技術の向上は難しいため、この部分に特化してプライベートで訓練を積むネイリストも多くいます。

練習が好きではない、向上心があまりない、トレーニングなんてしてもしなくても同じ、そんな風に考える人はネイリストには向かないのかもしれません。

ネイルが好きな気持ちを忘れない

一人前のネイリストになるには努力や練習が必要不可欠なわけですが、この努力や練習を積み重ねることができる精神力を支えるのは、やはり「ネイルが好き」という気持ちなのではないでしょうか。

ネイルスクールは、無料ではありません。

知識と技術を与えられ、資格も取得でき、道具も与えられ、さらには就職活動のサポートもしてくれるため、決して安い費用で通えるところではないのです。

だからこそ、ネイルスクールへと入学を申し込む前に、自分自身に今一度問うてみましょう。

 

「本当にネイルが好きなのか」

 

この問いに迷いなく頷くことができれば、もう迷う必要はありません。

就職した後も大変ではありますが、そのネイルを好きな気持ちを持ち続けることで、必ず成功へと近づくことができるはずです。